アロマオイルはどのブランドを選べばいいの?
たくさんあるので迷ってしまう、
初心者の方向けからプロのセラピストの方が使用しているブランドまで、
ブランドの特徴も合わせてご紹介します。
たくさんのアロマオイルのブランドがありますが、
人気の高いおすすめのブランドをご紹介します。

おすすめのブランド

ここではアロマオイルの種類が多いブランド、
長年アロマオイルの販売をされているブランドを中心にご紹介します。

ニールズヤードレメディーズ( NEAL’S YARD REMEDIES)

アロマオイルをはじめ、オーガニックコスメやハーブなどを
取り揃えたイギリス生まれのブランドです。
全国に直営店を持ち、
アロマやハーブに関するスクールやトリートメントサロンを運営しています。

ニールズヤードのアロマオイルの特徴は、
オーガニックアロマオイルの取扱いがあること、
小さなお子さんが簡単には開けられないよう、セーフティキャップが採用されていています。
ブレンドアロマの種類も豊富にあります。

種類 価格
スパイクラベンダーbio(5ml) 2,160円
オレンジbio(5ml) 1,188円
ローズ・ブルガリアbio(1ml) 9,720円

価格は2016年11月現在の価格です。

ニールズヤードレメディーズ( NEAL’S YARD REMEDIES)の他アイテムを見る
ニールズヤードレメディーズ( NEAL’S YARD REMEDIES) 公式サイト

プリマヴェラ/プリマヴェーラ(Primavera)

ドイツ最大のアロマオイルブランドです。
アロマオイルを使用したコスメはアルコールや保存料も植物由来にこだわり、
安心で安全なアロマライフの提供を行っているブランドです。

プリマヴェーラ(プリマベラ)のアロマオイルは、
世界中の有機栽培をしている契約農家から仕入れた原料から生まれています。
アロマオイルのラベルに「bio」と記載があるものがオーガニック
記載のないオイルもオーガニック認定は取得していないですが高品質のアロマオイルです。
他ではあまり見かけない希少精油が多いことも魅力のひとつです。

種類 価格
ラベンダー(10ml) 2,200円(税別)
オレンジ・オーガニック(10ml) 2,000円(税別)
ローズ・オットー(2.5ml) 14,000円(税別)

価格は2016年11月現在の価格です。

プリマヴェラ/プリマヴェーラ(Primavera)の他アイテムを見る
プリマヴェラ/プリマヴェーラ(Primavera)の公式サイト

生活の木

日本最大のアロマオイルブランドです。
アロマオイルをはじめ、ハーブやコスメなど幅広いアイテムが揃うブランドです。
基材やアロマクラフト用の容器なども種類が豊富で、
多種多様なアイテムが揃います。

生活の木の特徴は、
その商品ラインナップの多さ少量からでも購入できる手軽さです。
日本全国に店舗があり、香りを実際に確認してから購入できるので、
アロマ初心者の方におすすめのブランドです。

種類 価格
ラベンダー(10ml) 2,000円(税別)
オレンジスイート(10ml) 1,500円(税別)
ローズオットー(1ml) 7,000円(税別)

価格は2016年11月現在の価格です。

生活の木の他のアイテムを見る
生活の木の公式サイト

ガイア(GAIA)

日本を含め、海外から信頼できるネットワークを通じて、
アロマオイルの原料となる植物を調達しています。
おしゃれなブルーのボトルはギフトとしても人気のブランドです。

ガイアの特徴は、
アロマオイルの酸化を防止するため、1本ごとに窒素ガスを充填しています。
オイルの酸化を防ぐことによって、
よりよい香りを長期間保存できるよう取り組んでいます。

種類 価格
ラベンダー・トゥルー(5ml) 972円
オレンジスイート(5ml) 972円

価格は2016年11月現在の価格です。

ガイア(GAIA)の他のアイテムを見る
ガイア(GAIA)の公式サイト

プラナロム

生育地、抽出地、学名、成分が1本ずつに明記されている、
ケモタイプのアロマオイル(精油)です。
いつつくられたものか年月を記載、
ロットナンバーでの管理など品質管理が徹底されています。

プラナロムの特徴は、
1本ずつに成分分析表がついています。
含有成分はもちろん、比重や屈折率などの詳細データも記載されています。
原料は自然に近い環境で栽培した植物を使用しています。

種類 価格
ラベンダー・アングスティフォリア(10ml) 3,400円
オレンジ・スイート(10ml) 2,300円
ローズ(5ml) 26,000円

価格は2016年11月現在の価格です。

プラナロムの他のアイテムを見る
プラナロムの公式サイト

正式名称は「精油(エッセンシャルオイル)」ですが、
一般的には「アロマオイル」と呼ばれることが多く、
その呼び名で定着しているため、当サイトでもそのように記載をしています。