ヒノキについて

和のアロマを代表するアロマオイルのひとつです。
ヒノキは木目が揃った美しい木肌、
雨水や害虫、湿気にも強いことから高級建材としても活用されています。
私たちの暮らしに身近であり、ヒノキ風呂をはじめ幅広く活用されている植物です。

ヒノキのアロマオイルは、木部・枝葉・葉部がありますが、
一般的に多く出回っている木部についてご紹介します。
ここではヒノキの主な効能・効果とおすすめの使い方についてご紹介します。

香りの特徴と基本データ

どこか懐かしく、ウッディーで落ち着きある香りです。
じんわりとこころを満たしてくれる、そんな印象です。
和のアロマオイルの定番の香りでもあるので、
日本の香りを楽しんでみたい方におすすめの1本です。

学名 Chamaecyparis obtuse
科名 ヒノキ科
抽出部位 木部(他に枝葉、葉部のアロマオイルも有り)
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 日本
主な芳香成分 α-ピネン、カジネン、α-テルピネオールなど

主な効能・効果と作用について

ヒノキの主な効能・効果と作用についてご紹介します。

こころ

ヒノキはリラックスとチャージの両面を持ち合わせる香りです。
神経を鎮静させ、強壮させる、心身の環境を整えてベースを安定させます。
ストレスを感じるとき、何かに負けそうなとき、
自分のペースを整えたいときにおすすめの香りです。

からだ

からだをじんわりと温め、冷えやむくみなどの緩和が期待できます。
精神疲労だけでなく、肉体疲労を感じているとき、
だるさやからだの重さを感じるときにおすすめの香りです。

は だ

ヒノキの優れた抗菌作用は寺院や家屋の建材としても活用されてきました。
肌や組織を引き締める作用があるので、
ニキビや脂っぽい肌のケアに適しています。
消臭作用を活かして、
ペットのケージやトイレの臭いケアなど家事での使用もおすすめです。

主な作用

抗菌、消臭、鎮静、疲労回復、血行促進、抗ウイルス、防ダニ、抗真菌作用など

おすすめの使い方

・疲れを癒したいときのアロマバス

お風呂に入れるとヒノキ風呂が楽しめます。
目を瞑ると温泉気分?心地よい森林の香りが一日の疲れを癒します。
ヒノキは高濃度で使用すると肌に刺激がある場合があるので、入れすぎには気を付けましょう。

おすすめのブレンド

森林浴効果を感じたいとき:
モミやスギなど樹木系同士とのブレンドがおすすめです。

深いリラックス効果を感じたいとき:
ユズやクロモジ、ラベンダーとのブレンドがおすすめです。

和(国産)アロマとのブレンドはより日本らしい落ち着いた香りになります。
柑橘系やフローラル系とのブレンドは1:1または1:2がおすすめです。

・抜け毛やフケをケアするアロマシャンプー

市販の無香料・無添加のシャンプー50mlに
お好みのアロマオイル(精油)を10滴程度入れて、よく混ぜます。

おすすめのブレンド①

ヒノキ 4滴
ユズ 4滴
和はっか 2滴

おすすめのブレンド②

ヒノキ 3滴
ラベンダー 4滴
オレンジ2滴

育毛効果やフケに効果的な香りがおすすめです。

ヒノキの注意事項

高濃度で使用すると皮膚刺激がある場合があります。
敏感肌の方は注意しましょう。

アロマテラピーは医療行為ではありません
アロマオイル(精油)は医薬品でないことをご理解の上、使用の際は注意事項を読み、正しくお使いいください。
特に妊娠中をはじめ、医療機関で治療中の方は必ず、医師に相談の上、承諾を得てから安全にお使いください。
当サイトで掲載している内容が必ずしも全ての方に当てはまるものではないということをご理解ください。
アロマテラピーにおけるセルフケアは自己責任の下に行ってください。