ローズオットーについて

ローズは「香りの女王」と呼ばれ、
気品あふれるフローラルな優しさのある香りが特徴です。
古代よりエジプト、ギリシア、ローマでは
薬と香料に使用されてきました。

ここではローズオットーの主な効能・効果とおすすめの使い方についてご紹介します。

香りの特徴と基本データ

優美で気品ある華やかな香り、
ハートが満たされるような愛を感じる香りが特徴です。
有機溶剤法で抽出されるローズ・アブソリュートはオットーよりも
濃厚でより華やかな印象の香りです。
幸せに包まれたいとき、心に潤いが欲しいときにおすすめです☆

学名 Rosa damascena
科名 バラ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な産地 ブルガリア、モロッコ、フランス、トルコ、エジプト
主な芳香成分 シトロネロール、ゲラニオール、ネロール、リナロールなど

主な効果・効能と作用について

ローズオットーの主な効能・効果と作用についてご紹介します。

こころ

愛の象徴とされ、心を満たし、幸福感を与える香りです。
深く心と痛めたとき、疲労で笑顔が少ないと感じたとき、
香りを嗅いだときに分泌されるドーパミンの働きによって、
幸せに包まれた感覚になる香りです。

からだ

ホルモンバランスを整える働きがあり、
月経痛や月経不順、PMS(月経前症候群)、
出産や更年期など幅広く女性をサポートする香りです。
女性が女性性を高めるだけでなく、男性は男性性を高めることも期待できます。

はだ

全ての年代・肌タイプのスキンケアに適しています。
皮膚のハリや弾力、潤いを取り戻し、
肌の若返り効果が期待できるので老化肌にもおすすめです。
あせも、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルにも。

主な作用

鎮静、多幸、抗うつ、ホルモン調整、免疫強壮、皮膚軟化、抗炎症、抗菌、抗真菌など

おすすめの使い方

・自分自身に愛を与えたいときの芳香浴

自分のことが嫌になりそうなとき、さみしい気持ちが募ってしまったら、
こころを包む優しい香りで、自分を癒してあげましょう。

おすすめのブレンド

ネロリ
ラベンダー
マージョラム
ゼラニウム
ローマンカモミール
ロータスなど

滴数は部屋の広さによって調整しましょう。

・エイジングケアのフェイスマッサージ☆

乾燥によるたるみや血行不良によるくすみ、
ローズの優しい香りに包まれながら心身ともに潤いを。
たるみケアは顔だけでなく、頭や首、鎖骨下も同時に
マッサージすると効果的です。

おすすめのブレンド

ローズオットー 1滴
フランキンセンス 1滴
ゼラニウム 1滴

上記は基材10ml(1回分)に対しての目安の量です。
キャリアオイル(植物油)やアロマ用クリームを使用しましょう。

ローズオットー

妊娠中、授乳中は使用を避けましょう。

アロマテラピーは医療行為ではありません
アロマオイル(精油)は医薬品でないことをご理解の上、使用の際は注意事項を読み、正しくお使いいください。
特に妊娠中をはじめ、医療機関で治療中の方は必ず、医師に相談の上、承諾を得てから安全にお使いください。
当サイトで掲載している内容が必ずしも全ての方に当てはまるものではないということをご理解ください。
アロマテラピーにおけるセルフケアは自己責任の下に行ってください。